top of page
検索

11-0の勝利とその先に見えるもの

更新日:1月30日

横浜市リーグ、VS POLAサッカー部は11−0となりました。

冒頭、パワープレイの形を練習しましたが、結果が出たことはよかったと思います。


チームの状況から、まだ早いと思っていましたが、サイドバックが極めて現代的に動き、周りが咄嗟に察知して順応、機能したことは、大きな収穫でした。


センターバック2枚が非常に賢く機能しました。攻撃の厚み、リスクマネジメントなど完璧でした。


セットプレーは、まだまだ。しっかり煮詰めましょう!


私はセットプレーに関しての要求は2点。

攻撃はコーナーキックの中の動き、守備はオフサイドトラップという罠という武器。


究極な話は、そこだということです。高校サッカーのように自発的にアイデアが出て、実行することもなおよし。その方が素晴らしい傾向です。


キーパーのセットプレーでの壁への指示、枚数、インプレー中のポジショニング、コーチング、的確でした。後の安心感があってこそ、これだけの得点に繋がったのだと思います。


さて、最後に、今回の試合から、私たちは、「再現性」を求めなければいけません。

1回できて、満足しないこと。本来なら2回、3回できてもまだ序の口。満足が、過信を生み、過信が慢心を生み、失敗を招きます。


このパターンをいくつ持てるかが、接戦になった時に必ず活きてきます。


攻撃の型。決めていきましょう。


それはそうと、あきと選手はバースデーゴールが決めれてよかったですね。






閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page