top of page
検索

横浜市トーナメント初戦敗退


2022年の横浜市のトーナメントは、初戦敗退となりました。


クラブは、コンテンツとしては出来上がってきていますが、実は中身はまだまだです。


私たちは、本当に弱い。


せっかくこんなに素晴らしい人材もいるのに。


だからこそ、負けた時は、素直に悔しがって、反省をしましょう。


よく頑張ったと慰め合うのは、組織腐敗の原因です。


結果が出なくても、評価されるような体質ではダメなことを、知的レベルの高い人間は知っています。


例えばですね。


先生の言うことを、「はい!」と答えるだけ答えて


実は、中身を全く理解してない子どもがいたとして

理解うまくできなくても、よく頑張っね〜と慰められて。

そんな風に甘やかされて育った子どもが、大人になって、思考深く、視座高い人間に育つだろうか?


そんなことを考えさせられる試合でした。


このプロジェクトでは、

このクラブが強くなる=私たちの会社のガバナンスが出来上がり企業風土が出来あがっていく計画です。


昔のスクールウォーズでも、

大敗した後、山下真司が怒鳴りつける前のシーンでは、

選手同士慰め合いをしてましたかねぇ。


僕は選手を殴るようなことはしませんが、

今は、結果が全て。

ましてやスポーツであればなおさら。


対戦いただいた城南信用金庫さま。

お手合わせ、ありがとうございました。









閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page